商品情報にスキップ
1 15

ortofon

ortofon SPU GTE 105 トランス内蔵MCカートリッジ

ortofon SPU GTE 105 トランス内蔵MCカートリッジ

通常価格 ¥198,550 円
通常価格 ¥209,000 円 セール価格 ¥198,550 円

メーカー直送

お値引きについてはお問い合わせください

鮮烈と躍動。新規開発されたトランス内蔵の「GTE」、ついに復活

圧倒的なエネルギー感に支えられた鮮烈さ、そして躍動感。古のオーディオファイルたちに強烈な記憶を残し、伝説の銘品として語り継がれてきたSPU GTが、オルトフォン創立105周年という節目の年に楕円針の「SPU GTE 105」としてレギュラーモデルに復活しました。

誕生当初よりアナログファンからの憧憬と期待を受け続け、その魅力的な音色によってこれに応えてきたSPU GTは、オリジナルモデルの生産完了から約40年、1994年のSPU Classic GT/GTE限定復刻からも約30年が経過しており、年を重ねるごとに追憶の彼方へと消えつつあるのが現状です。しかし、GTの奏でる骨太なサウンドは時代を超えて愛され、熱心なファンの皆様からの復活とレギュラー化を願う声は高まるばかりでした。我々もなんとかこの想いに応えたいと考え、北欧スウェーデンのLundahl社と共同で「GT」の肝である内蔵トランスの開発に明け暮れること数年。この2023年、ようやくレギュラーモデルとしての製品化を実現させました。なお、SPU GTシリーズには音色以外にも大きな特徴が2つあります。1つ目はMC昇圧トランスをヘッドシェルに内蔵したことにより、別途のMCヘッドアンプや昇圧トランスを必要とせず、アンプのMM入力にそのまま接続可能であること。そして2つ目は通常のMC型カートリッジの本体部分にあたるユニットのすぐ後ろに内蔵トランスがあるため、ユニット部分がピックアップした音声信号を減衰させずにすぐ後ろのトランスで昇圧でき、一般のMC型カートリッジよりも出力が高い状態でアンプまでの信号伝送が可能という点です。最初に述べた「MM用のPHONO入力に直結可能なMC型カートリッジ」という特徴は、結果的にもう1つの特徴へと帰結し、これがGTシリーズ固有のパワフルな音色へと繋がっています。

●出力電圧 (1kHz, 5cm/sec.): 4mV
●チャンネルバランス (1kHz): 1.5dB
●チャンネルセパレーション (1kHz): 20dB
●チャンネルセパレーション (15kHz): 10dB
●周波数特性 (20Hz-25,000Hz): ±3dB
●トラッキングアビリティー(315Hz、適正針圧下): 60μm
●水平コンプライアンス: 10μm/mN
●スタイラスタイプ: Elliptical
●スタイラスチップ半径: r/R 8/18μm
●カンチレバー素材: アルミニウム
●適正針圧: 4.0g
●針圧範囲: 3.0-5.0g
●トラッキング角度: 20°
●内部インピーダンス: 610Ω
●推奨負荷インピーダンス: 47kΩ
●コイル線材:OFC
●カートリッジシェル素材:ABS樹脂
●自重: 34g
●JAN:5705796240498
詳細を表示する

5705796240498